魔術(まじゅつ)

人の考え・意思を対象に反映させる事で、何らかの変化を起こす事を目的とした行為や儀式の事を指します。

魔術や呪術は古代より存在していて、豊作の祈願や、人が人へ恨みを晴らすための怨念など、何らかの欲望を満たす目的で願いを込め、儀式が執り行われるケースが多かったと伝えられています。

信仰者も多く存在していたために、ルネサンスの時代にはキリスト教を揺さぶるほどの宗教信仰者に対する影響力が大きく、術を用いる事自体が禁じられた地域も多かったようです。

術式や用途によって白魔術と黒魔術の2つに分類され、白魔術は豊作祈願や雨乞い、医療行為や恋愛成就、失せ物の発見といったポジティブな作用を目的とした願い事に活用されていたようです。

それに対して、黒魔術はいわゆる邪術・呪術の類に分類され、非道徳的な人の恨みや他人の死、対立する他国の衰退化などを願うネガティブな作用を目的とした祈願に使われていたようです。

占いの世界では白魔術の需要が多く「恋愛祈願に魔術を活用したいから白魔術を習得している占い師の鑑定が受けたい」という依頼者も多いようです。