占星術(せんせいじゅつ)

星の位置を元に、占いを展開していく占術の総称になります。

古代より、争い事や天気の予想、病気の原因究明などに活用されはじめた事が起源とされ、信仰している古代人によって占いのスタンダードとして確立しました。

その後確立された地域によって、アジアで生まれた東洋占星術、ヨーロッパで生まれた西洋占星術と大きく二分化されています。

西洋占星術ではホロスコープなど独特の術具が用いられる事が多く、現代でもホロスコープを活用する占い師が多数おります。

特徴として星の位置を元に占いを展開していくため、生年月日を必要とする事が多いです。