九星気学(きゅうせいきがく)

対象者の生年月日を9つの星に区分け(一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星)した上で、干支と方位(本命殺、小児殺、本命的殺、暗剣殺、歳破、五黄殺、月破)、それに陰陽五行説をかけかわせた占術です。

九星基盤と呼ばれる盤の上で占いが展開されていき、毎日の吉凶はもちろん、過去・未来の方位盤による運命鑑定、一年間の運命鑑定、一ヶ月単位での運命鑑定、一日単位での運命鑑定、さらには吉方位など、その対象は広く細かい単位区切りの占いができるとされています。

また、風水に似た地理的な相を占う事も可能で、自宅の敷地や玄関の吉報位など、運気の取り入れ方を導き出す事も可能のようです。

スピリチュアル要素よりも学術や理論に裏づけされた統計学的な占いが好きな方にはおすすめの占術です。