レイキ

明治時代に生まれた、心身を治療するために用いられる民間療法、あるいはその技法と言われています。当時は「手かざし」や「お手あて」「触手治療法」などと呼ばれていて、民間でも親しまれていたようです。

手のひらから放射される癒しのエネルギーを流し込む事で、対象者の健康面、精神面に対して回復作用をもたらせると信じられていて、霊感、霊術の心得がある能力者だけが使う事のできるとされていて、占いで扱われるチャクラや波動と同じように、オーラ修正やメンタル療法として用いられています。

占いではこれを遠隔で行う事から、遠隔レイキヒーリングと呼ばれているようです。

占い師から「邪気に包まれている」と鑑定結果を伝えられた、あるいは身体の一部が重たく感じるなど、原因不明の憂鬱間や気だるさ等が気になる方はレイキヒーリングを試してみてはいかがでしょうか。