ダウジング

元々は、金属製の棒や振り子装置の動きを元に対象の物を探すために使われた技術のひとつです。

数千年の歴史があり、一般的にはL字の形状をした棒をロッド式ダウジングと、振り子形式の棒をペンデュラム式ダウジングが存在しています。

その目的は国によって相違点があり、ドイツ地方では地震の震源を探す目的で用いられていて、日本では温泉や飲料水など水源を探す目的、さらに欧米では貴金属の採取を目的に活用されていてたようです。

占いの世界では、ロッドよりもペンデュラムを用いる占い師が多く、水晶やルーン、ホロスコープなどと合わせてロッドの方向などを占い結果に反映させて、悩みの解決に役立てている。

恋愛よりも転職や経営など、吉と出る方位が知りたい、運気のあがる方位を把握したいという方にはおすすめの占術です。